JUL-862 汗ほとばしる人妻の圧倒的な腰振りで、僕は一度も腰を動かさずに中出ししてしまった。 北条麻妃

0 views

例年よりも蒸し暑い今年の夏、僕は地元を離れて住み込みで建築の仕事をしていた。厳しい親方とは反対に優しい女将さんは、僕が挫けそうになった時いつも励ましてくれた。汗だくになって世話をしてくれる女将さんに、僕は淡い恋心を抱いていた。そんな僕の視線に気づいた女将さんは、親方が飲みに出ていった夜中に豹変する。ひとつ屋根の下で二人きり、昼間とは違う妖艶な笑みを浮かべながら女将さんが襲い掛かってきて…。

Related videos